エリア44

オートバイを使ったトライアルが基本のブログです。 それに日々の日記を織り交ぜながら♪♪

先日、予備品のキャリパーに気をよくして
本務機・・初号機のキャリパーに手を付けた・・

初号機は2008年製、工場を出て既に14年経っていることになります
その間、ブレーキパットの交換は数回
ディスクも一度は替えてるけど

キャリパー本体は何もやっておりません(;^_^A アセアセ・・・


ブレーキが甘いのは気が付いていたけど
実際、指一本でしっかりロックするから気にしないようにしたました

ただ、エアを嚙んだ時みたいに
レバーが手元近くまで握れちゃうんです
マスターのカップも良く無かったとは思うけど
それでは無いと思う

多分キャリパーのピストンが均等に出てなくて
密着してない分握り代が有るんだと思う・・

っで、やむなく分解清掃ということで








まぁ、兎に角汚らしい
でも汚いのは所謂外側だから仕方ないか

中の方は、えっ、こんなもんですか的な感じ
バラしたことのある市販車のキャリパーとか
カスだらけでこんなものじゃ無い

小まめでは無いにしろ
たま~にオイル交換していたからなのか
速度が無く高温にならないからなのか??

いずれにせよ思っていた以上に普通でした・・
ただし、予備品の時みたいにすんなり
ピストンは出てくれませんでしたが


ガシガシでは全く歯が立たず
うにゃうにゃと騙しながらやるのがコツなのかもしれません
習得した頃には作業は終了ですが(;^_^A


今度はしっかり部品を用意して
オーバーホールすることにします






予備で持ってた
AJPの4ポット、少し前の
トライアル車の定番


今はモノブロックが主力だけど
私程度の腕前では性能的に
何ら問題有りません




今バイクに付いてるヤツを
ホントはやらなきゃならないけど
最悪コイツにスイッチ出来るように
練習を兼ねて分解掃除


Picsart_22-06-21_20-06-51-571




結果的には
とってもキレイでした♪
前の持ち主が掃除して
譲ってくれてたのかもね・・



まっ、コイツは予備機
今付いてる本務機が上手く
バレるかどうか(ーー;)





来週は東北選手権福島大会らしい

 i 先輩は大会の前には何故か
沢の大岩にチャレンジしたくなるらしい?!






横から見るとハイこの通り
坂道に近いくらいなんですが正面から見ると
奥行きがわかり難いので威圧感はあります・・


大桃博士ちゃんは安定のライド
フロントアップのタイミングや角度
伸びあがりのタイミングは素晴らしいと思いますヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪

対する i 先輩はちょっと乱暴かなぁ・・
岩が乾いててグリップする時なら行けるかもしんないけど
滑りやすい時には足らないと思うなぁ(;^_^A


この動画を撮った後に雨になり
あがった後にやってみたけどほぼ全滅
自分は思ってるフロントアップのタイミングや角度が
実際とは合ってないみたい
斜面と同じ以上じゃないと事故でしょ
身体は飛んじゃってるし(;^_^A

斜面に見える岩でも
それなりに高さはあるので最低限その高さまで
バイクと自分が上がる為に力がエンジンに
溜まってないといけません

これは馬力とかでは無くて
クランクシャフトやフライホイルが回ってる力
重いものが回ってる運動エネルギー
だからスロットルは途中で閉じちゃいます
開けっ放しはいけません(;^_^A





それと
リアタイヤを最後まで走らせるステアと
格好良くリアを飛ばすステア

どちらか一方ばかり練習すると
片方が出来なくなる法則(=_=)

うちら一般のサンデーライダーあるあるでしょ・・・




来週の大会で雨が降り
こんな岩が有ったら迷わずエスケープをお勧めします('◇')ゞ

でもなぁ
 i 先輩は絶対やるよね
そして見事にクリーンすると思います
なぜなら「ヤル男ダ!」だからですヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪





先日来、Fブレーキの効きがイマイチ
そのせいで?ジャックナイフもままならない・・ちょっとウソ(^_^;)

人差し指では気にならなくても
指全部だとどこまでもレバーが寄ってくるし
こりゃマズいね(;^_^A


ちょっとブーツを捲って見てみると
何やら濡れてるみたい・・・






スナップリングの穴なんか何処かわからないから
適当にやって外しました・・。

交換自体は入れ替えるだけなので
一瞬で終わりエア抜きも
マスター部だけで終了


実際乗ってみたら
あんまり変わってない!
どうもキャリパーの方の問題みたい・・

それでも一日乗っていたら
それなりだからしばらくこのまま乗って
パッド交換の時に考えよう

問題の先送り・・・どこぞの政党みたい(^_^;)








ホームのマルタは
我等が i 先輩と若手とわたくしrebiの三人でした

午前中は
わたくし的課題の
ジャックナイフターンと
フロント振りセクションでしたので


午後からは
地味なターンをしっかり回り
そこから薄いグリップ感を感じつつの登り





これがまたグリップ悪し!
しばらく使ってなかったのと
先日の大雨で小石が浮いてて
ギリギリターン的な感じ‼

練習にはなるけどストレス丸抱え
敢えて若手も同じラインで・・・

ターンも厳しいし
そこから更にグリップの悪い登り
クリーンは出来ないと思うけど
足つきで出るの大事
押し方も大事なテクニック!

みんな通る道です
私もあそこには泣かされました(;^_^A アセアセ・・・


わたくしを含め皆さん
何かしらは収穫があったんじゃないかしらヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪







昨日の日曜日
ホームのマルタでアップ中のこと

飛び付き練に使ってる丸太が
こんなことに・・

その辺に転がってた杉を置いただけだから
仕方ないけど



22.06.05


犯人と言うと聞こえが悪いけど
やっぱりこの人
ゼッケンが写っちゃってます
我等が i 先輩です(;^_^A アセアセ・・・



また拾ってきて造りましょ
縛り職人の i 先輩お願いしますヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪







うちの軽トラ君は
結構ガタが来てて普通に走っていても
何かとうるさい!

その原因の一つとして
ロアアームのピロボールのガタ!
コイツが路面の凸凹を拾って
ゴクゴクとうるさい

見ればゴムブーツも裂けてるし
交換と相成った。


部品を発注して作業を始めたら
テンションロッドのナットを
やらかし作業中止に(-_-;)

後日、部品と気力を揃えて
ブラケットこどテンションロッドを
外して何とかなめたナットも
外せました。
あとは新しいロアアームを
組んで片側終了


で、ここで雨天中断



日を改めて
晴れ間にもう一方を
テンションロッドの
ナットは手を付けずに
最初からブラケットを外して
作業し易い状況下で
メガネとハンマーで・・

素人が狭い仰向けでは
厳しいわ、このナット・・


Picsart_22-06-04_09-50-29-333



めでたく交換完了
試運転した感じは、普通です!
普通が大事なんです(ノ´∀`)ノ

10年前に買った中古ですが
随分と劣化してる・・。



次はスタビライザーでも
付けてみようか?!
いや、箱替えだな(^^;;






前の日記を書いた後
手持ちの動画を見なおしてみた

一般人代表は
我等が i 先輩にお願いした(いっぱい動画があるので(*'ω'*))

先生としてはやはり
我等が T 先生と言うことでヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪

それがこちら





先生はジャックナイフ単体は無かったので
複合技と言うことで



結果、リアを上げる前に
一瞬トラクションを掛けているように見えます
それはやっぱり
ピボットを斜め上方に押しやる力を使いつつ
総合力のジャックナイフなんだと
わたくし的には結論付けたい・・かな(;^_^A



分かったところで
出来るか出来ないかは
別問題ですけど(;^_^A アセアセ・・・







このページのトップヘ